屋形船に乗る目的は美味しい料理を食べる、花火大会などの夜景を楽しむなど、だいたい想像できます。しかし屋形船では釣りをすることもできることをご存知でしたでしょうか?屋形船で釣りを楽しむということについて取り上げてみましょう。

屋形船は花火大会やお花見のシーズンにたくさんの方が利用するものでした。ところが特別なイベントがなくても、忘年会や歓送迎会、あるいは少人数での女子会などにも利用が広がっています。

屋形船を楽しむ目的はたくさんありますが、その中の一つに「釣り」があります。屋形船の船外の手摺り越しに竿を出し釣りを楽しみます。そして釣れた魚を屋形船の上でてんぷらにして食べるという楽しみもあります。

釣るのがそれほど難しくなく、人気があるのがハゼ釣りです。8月の下旬から、サイズが大きくなった「落ちハゼ」が楽しめる11月頃まで楽しめます。初心者の若い女性や子供さんも手軽の挑戦できます。

釣り道具一式はレンタル料金を払えば借りることができます。レンタル料金がプランに含まれている場合もあります。

着ていく服装は自然の中で遊べるカジュアルな格好で大丈夫です。ただ屋外での遊びになるので日焼けを防ぐ帽子などは必要になります。

釣りをする時期や釣る魚によって料金が異なる屋形船もあります。朝早い時間に出る船が多く、乗船時間は4~5時間になります。

座敷の窓越しや、スカイデッキの上から釣れる屋形船もあります。

屋形船の窓口