アメリカで不動産投資をするときにはエージェントが必要になりますが、その理由は何故でしょう?

購入時の価格交渉で少しでも良い条件で売却するためにエージェントの力が必要になります。

その他にも、物件の購入や管理会社選びまでサポートしてくれます。

経済成長が続いているアメリカでは近年、不動産相場が上昇を続けていて、さらなる資産価値の向上を期待して不動産投資を始める人が増えています。

そこで、今からでも間に合う不動産投資を始める方法を紹介します。

①エージェントを探す

アメリカでは、新築よりも中古の物件が多く売られている傾向があります。

物件を購入するときには必ずエージェントが必要になります。なぜかというと、エージェントの力で少しでも良い条件で売却するためです。

さらに、エージェントは物件の購入から購入時の交渉、管理会社選びまでサポートしてくれます。

②アメリカの銀行口座を作る

不動産投資を始める前に、家賃収入を振り込んでもらうための銀行口座を作りましょう。

なお、銀行口座を開設した直後は、不動産を購入するためのローンは借りられないので注意してください。

③ローンの事前承認

銀行口座を開設したら「事前承認手続き」を行います。

事前承認手続きとは、金融機関がいくら融資してくれるかを記載したレポートです。

④物件を探す

アメリカの不動産の場合は、MLSと呼ばれる不動産情報システムで探す場合がほとんどです。情報量や細かい条件で検索できることも特徴です。

海外不動産情報サイト FORELAND