名刺交換した相手であるにも関わらず、相手に自分の顔と名前あるいは情報をあまり覚えてもらえていないという事態を経験したことはありませんか?
名刺の裏面に工夫をすることで、名刺を渡した相手に自分のことを深く印象付けることができます。

ビジネスの場では、名刺をもらっても印象に残らず相手の顔を覚えていないという事態に陥るケースもあるでしょう。
名刺の裏面には表面の英字表記をしている人も多いかもしれません。
しかし名刺の裏面を活用することで相手に効果的に自分のことを覚えてもらうことができます。
プロフィール・経歴・資格・よく聞かれるプランなどを印字しておくことで相手の印象に残りやすい名刺にすることができます。
あるいは、メモ欄を作成しておくことことで気兼ねなくメモを記入することができるようになります。
相手が名刺の裏面にメモを残すことが多い人であれば、あなたのことを親切な人だという印象を持ってもらうことが可能でしょう。
名刺の専門家の本を参考に工夫を凝らし、印刷会社とも相談しながら作成しました。
約5000種以上の豊富なデザインから好きなものを選ぶことができます。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】